美味しいレシピ

伝統野菜

ふしみとうがらし

料理人

伏見とうがらしと鶏肉の北京風しょうゆ炒め

調理時間

10分

使用する京野菜

伏見とうがらし,

レシピ考案者

膳處漢ぽっちり 料理長 堀切 精一郎さん

伏見とうがらしは皮がうすく、辛みもないので食べやすい。野菜の炒め物にぴったりな食材のひとつです。中華料理のお店では、野菜を素揚げしてから炒めますが、今回は小さくカットして電子レンジで1分だけ加熱。焦げる心配もありませんし、なにより油を扱う手間が削減できます。

シェアする

材料(4人分)

伏見とうがらし 8本
鶏もも肉 1枚(約250g)
白ネギ 1/2本
キクラゲ 30g
ニンニク 少々
塩、こしょう 少々
醤油 小さじ1
水溶き片栗粉 大さじ1.5
(合わせ調味料)
・醤油 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・水 大さじ1
・酢 大さじ2
・ごま油 少々
・水溶き片栗粉 小さじ1

作り方

①ボウルに2cm角くらいにカットした鶏もも肉、塩、こしょう、醤油、水溶き片栗粉を入れて、なじませる。
②フライパンを弱火で熱し、鶏モモをじっくり炒めてから、みじん切りにしたニンニクを加えて炒める。
③2cmほどにカットした伏見とうがらし、白ネギ、キクラゲを耐熱容器に入れ、電子レンジ(500w)に1分かける。
④フライパンの鶏肉に野菜を加え、最後に合わせ調味料を入れて、とろみがつくまで加熱する。
①ボウルに2cm角くらいにカットした鶏もも肉、塩、こしょう、醤油、水溶き片栗粉を入れて、なじませる。
②フライパンを弱火で熱し、鶏モモをじっくり炒めてから、みじん切りにしたニンニクを加えて炒める。
③2cmほどにカットした伏見とうがらし、白ネギ、キクラゲを耐熱容器に入れ、電子レンジ(500w)に1分かける。
④フライパンの鶏肉に野菜を加え、最後に合わせ調味料を入れて、とろみがつくまで加熱する。
①ボウルに2cm角くらいにカットした鶏もも肉、塩、こしょう、醤油、水溶き片栗粉を入れて、なじませる。
②フライパンを弱火で熱し、鶏モモをじっくり炒めてから、みじん切りにしたニンニクを加えて炒める。
③2cmほどにカットした伏見とうがらし、白ネギ、キクラゲを耐熱容器に入れ、電子レンジ(500w)に1分かける。
④フライパンの鶏肉に野菜を加え、最後に合わせ調味料を入れて、とろみがつくまで加熱する。