農産物図鑑

新京野菜

葉とうがらし(京唐菜)

特徴

葉と茎を食べるために改良されたとうがらしで,果実は食用としません。普通のとうがらしに比べ茎の部分も軟らかく,熱を加えると苦味とえぐみが消えます。ビタミンCやカルシウムが豊富で,夏場に不足しがちな葉物野菜として利用できます。

栽培

収穫期が長く,6月から11月にかけて何度も収穫が可能です。京都市内全域で,主に右京区京北と西京区大原野で栽培・販売されています。

旬の時期

6月上旬〜10月下旬

この農産物が買える店

現在公開中の直売所情報はありません。

この農産物を使ったレシピ

現在公開中のレシピはありません。