農産物図鑑

その他

キヌガサタケ

キヌガサタケは、竹林との親和性が高く、短時間に生長して白く美しいレース状の菌網を広げる姿から、別名「キノコの女王」とも呼ばれる希少なキノコです。京都市では、竹林の新たな利活用を目指しキヌガサタケの栽培が行われています。

特徴

夏の竹林内で見られ、卵状の幼菌からおよそ3~4時間で生長します。白い軸とレースの部分を食用とし、シャクシャクとした食感が特徴です。

栽培

京都市では伏見区深草地域と西京区大原野地域で栽培されています。

旬の時期

7月中旬〜10月中旬

この農産物が買える店

現在公開中の直売所情報はありません。

この農産物を使ったレシピ

現在公開中のレシピはありません。

この農産物を育てている農家さん

現在公開中の農家さん情報はありません。