農産物図鑑

伝統野菜

京せり

承和5年(838)の文献にせりの栽培が記載されていることから,ねぎの栽培とともに古く,湧水の多い低湿地の利用として多く栽培されたようです。現在のような湧水栽培が行われたのは1700年頃からと言われています。

特徴

葉の形(柳葉,丸葉)や香り,作りやすさ等の特徴に応じて,京せり,青ぜり,お多福ぜり,山科ぜりと区別されています。

栽培

現在下京区西七条,南区久世で栽培されています。

旬の時期

11月中旬〜3月上旬

この農産物が買える店

現在公開中の直売所情報はありません。