農産物図鑑

伝統野菜

くわい

天正19年(1591)に豊臣秀吉が京の都を外敵と災害から守るため,周囲に御土居を築いた際,その材料として,近くの土地を掘って得た土を運んだことから,いたるところに低湿地を生じました。そのうち,肥沃な低湿地で藍の栽培を行い,その裏作として栽培されたのが始まりであるとされています。

特徴

他産地で栽培されている品種と変わりありませんが,永年京都において育成し,固定した優良品種であると言われています。

栽培

昭和の初期には埼玉県についで京都は第二の生産地であったと言われていますが,現在,栽培面積は激減し,南区上鳥羽,伏見区竹田で栽培されています。

旬の時期

11月中旬〜12月下旬

この農産物が買える店

現在公開中の直売所情報はありません。

この農産物を使ったレシピ

現在公開中のレシピはありません。