農産物図鑑

新京野菜

京ラフラン

特徴

みずき菜と同様に,だいこんとキャベツの仲間(コールラビ)をかけ合わせて生まれた野菜です。茎・葉・花蕾を食用とし,生で食べるとだいこんに似た味で,茹でるとキャベツのような甘みがあります。ほうれんそうと比べ,カルシウムが1.7倍,ビタミンB6が1.8倍,総ビタミンCが2.9倍含まれています。

栽培

京都市内全域で,主に南区上鳥羽と右京区京北で栽培・販売されています。

旬の時期

3月中旬〜5月中旬

この農産物が買える店

現在公開中の直売所情報はありません。

この農産物を使ったレシピ

現在公開中のレシピはありません。