農産物図鑑

伝統野菜

京みょうが

江戸時代の終期,現在の伏見区桃山の農民が地下水の湧き出ている傍らに茎葉が白く,軟らかく成長している茗荷(みょうが)を見つけ,これをヒントに地元の豊富な湧水を利用して軟化栽培することを考案したのが始まりとされています。

特徴

みょうがの芽の長さ30cm,太さ1~1.5cmくらいのものが出荷されています。茎は黄色地に紅を帯びた色をしており,香りが良いのが特徴です。

栽培

京都市では「京都市特産そ菜保存ほ」として,左京区大原の農家に栽培技術の保存を委託しています。

旬の時期

4月上旬〜5月下旬

この農産物が買える店

現在公開中の直売所情報はありません。

この農産物を使ったレシピ

現在公開中のレシピはありません。

この農産物を育てている農家さん