農産物図鑑

伝統野菜

田中とうがらし

起源は明らかではありませんが,明治初年に左京区吉田田中地域の農家が滋賀県から種子を持ち帰って栽培を始めたと伝えられています。田中地域一帯で栽培されていたので,この名前をつけ,販売されていました。やがて,田中地域の都市化に伴い,左京区一乗寺から山科へと広まったと言われ,「山科とうがらし」として栽培されています。なお,「山科とうがらし」は「田中とうがらし」とは異なり,果実の先端が尖っています。

特徴

果実は太くて短く,小型で,果の先端がつまって,ししの頭の形状になっていることから,「ししとうがらし」とも言われますが,一般に出回っている「ししとう」とは異なります。種が少なく,色は濃緑色で辛味はありません。

栽培

本来の形質のものを栽培している農家は極わずかですが,この改良種は全国で栽培されています。また,京都市では「京都市特産そ菜保存ほ」として,北区上賀茂の農家に種子の保存を委託しています。

旬の時期

6月上旬〜9月下旬

この農産物が買える店

現在公開中の直売所情報はありません。

この農産物を使ったレシピ

現在公開中のレシピはありません。