農産物図鑑

伝統野菜

京うど

江戸時代に現在の伏見区桃山の城下において,地元の農民の知恵と工夫によって生まれた栽培方法により,在来種が栽培されています。

特徴

太陽光が透過しないような「トタン」を用いて根株を囲み,もみ殻を中に詰めて,上に肥料袋等で覆って保温し,石等で重しをのせることで,太く軟化させています(簡易軟化方式)。茎は太くて白く,室栽培のようにスマートではありません。

栽培

京都市では「京都市特産そ菜保存ほ」として,伏見区桃山の農家に栽培技術の保存を委託しています。

旬の時期

4月上旬〜5月下旬

この農産物が買える店

現在公開中の直売所情報はありません。

この農産物を使ったレシピ

現在公開中のレシピはありません。