農産物図鑑

一般野菜

ピーマン

 トウガラシの品種の一つです。トウガラシ類は, 南米のペルーでは2000年前に栽培されており,コロンブスによって1493年にスペインに導入され, ヨーロッパからアジアへと広められました。日本には16世紀末から17世紀初めにタバコとともにポルトガル人によりもたらされたと言われています。  ピーマン自体が日本にやって来たのは明治時代初期, 一般家庭へ普及したのは戦後のことです。

特徴

 ビタミンCやカロテンが豊富で殺菌効果もあります。最近赤や黄色の, いわゆるパプリカが多く出回るようになりました。黄ピーマンと呼ばれるもの以外はいずれの系統も完熟すると赤くなります。

栽培

 振売や直売用をはじめ,市内全域で栽培が見られます。

旬の時期

6月中旬〜9月中旬

この農産物が買える店